ネイルチップの使い方【ネイリストおすすめ】

Pocket

簡単に取り外しのできる「ネイルチップ(つけ爪)」。 ネイルチップはファッショナブルで簡単にマニキュアを楽しむことができる便利な商品です。 シンプルなフレンチネイルからゴージャスなデザインまで、さまざまなタイプのネイルチップが販売されています。 値段は2000円前後からそれほど高くないので、現在若者を中心に人気が高まっています。

ネイルチップの付け方は2パターン

ネイルチップを取り付けるには、接着剤(グルー)とシール(両面テープ)の2つの方法があります。

グルーの特徴(メリットとデメリット)

ネイルグルーを使用する場合ネイルチップにしっかり装着できますので、不意に取りにくい特徴(メリット)があります。しかし、ネイルチップを外す際にはグルーを溶かす必要があります。 そのとき、チップが一緒に溶けますので、ネイルチップが一度きりの使用になってしまします。

シール(両面テープ)の特徴

シール(両面テープ)で取り付けた場合、衝撃や水に弱いというデメリットがあります。どうしても外れたくないという時は両面テープを使用しないことをおすすめします。メリットは取り外しが可能なため、ネイルチップを半永久的に使用することができます。ネイルチップを思い出に残したり、何度も使いたい方は両面テープを使うと良いでしょう。さらにシール(両面テープ)は接着剤(グルー)に比べて爪にやさしいので、爪を痛めたくない方は両面テープ(シール)を使うと良いでしょう。

両面テープを使用した場合にネイルチップを除去する方法

「両面テープでネイルチップを付けた場合、手で剥がしても大丈夫ですか?」という質問がよくあります。しかし、前処理なく、手で剥がすことはおすすめしません。 爪は3つの層で構成されており、無理にネイルチップを外すと爪の層が剥がれます。 爪を傷つけないように注意して取り外しましょう。

ネイルチップの正しい外し方は以下の通りです↓

  1. ネイルチップの付いた指先をお湯に入れて、両面テープを柔らかくします。
  2. ネイルチップの先端を指で押します。爪とネイルチップの間に隙間がある場合は、木製スティックを挿入してゆっくりはがします。 一度に取ることが難しい場合は、手順1と2を繰り返します。

ネイルチップを外す際の注意点

・ネイルチップをゆっくりと取り外してください!無理に 強くはがすと、爪を傷つける可能性があります。
・リムーバーは使用しないでください! リムーバーを使用すると、爪の先端が溶けますので使用は控えましょう
・チップを取り外した後は爪に油と水分が無くなります。 クリームなどのケアをしてください。

ネイルチップのサイズの選び方は?

ネイルチップを初めて作る時、購入するとき、ネイルチップのサイズを心配する人も多いハズ。そもそも、どうやって爪のサイズを測るの?と疑問を持つ人も多いです。ここではネイルチップサイズの測り方とネイルチップのサイズの選び方をご紹介します。

基本的には、爪の形に合ったものを選択しますが、うまく収まらない場合は、「爪と先端の幅」が正しいものを選択することをお勧めします。

適切な幅の爪先が見つからない場合は、少し大きいサイズを選択してください。

サイズに合わせて爪やすりで爪先を切ることもできます!

ネイルチップの付け方

ネイルチップの用意ができたら、爪に付けましょう!付け方は凄く簡単ですが、ほんの少し気をつけるだけで、外れにくくなります。そのポイントをご紹介します。

ステップ1. 爪をきれいにする

まず、オイルと汚れを取り除き、ネイルチップを接着しやすくします。

また、爪が長い場合は短く切りましょう。外れにくくなります。!

ステップ2. 粘着シールを貼る

シールを半分に切って、ネイルチップの端に貼ってください!粘着テープを2つに切ってネイルチップの両端に付けると良いでしょう。このわずかな努力が、爪に取り付けられた後に効いてきます。

爪先の角に隙間があると、ほこりやその他の小さな破片が入り込み、剥がれやすくなりますので気をつけましょう。

ステップ3. 爪にネイルチップを装着する

指に接着シールが付かないように爪の根元に合わせてネイルチップ付けます。

最後に、ネイルチップ全体を押して密着させてください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です